メインイメージ

必要な添付書類は?

会社設立する為に必要な添付書類は?

最近は無店舗型の会社設立と言う形を採用している人も増えてきていますが、多くの企業家や発足人は事務所又は店舗を構えている人が殆どですので、その為には用意しなくてはいけない物は数多くあります。まず無店舗型や店舗型問わず必要なのは開業資金ですが、開業資金を自分の資産で用意出来る人は問題ありませんがその様な人はごくわずかで多くの人は金融機関で調達する事が多いです。

会社設立目的の融資の申し込みの際には必要な添付書類も数多く有り、設立後の会社の方針を定めている事業計画書や自己資金力を証明する資本証明書や身分証明書はもちろん、自分の資産報告書も必要になってきますので申し込みの前にそれらの書類を事前に用意する必要が有りますし、その書類が揃わなくてはもちろん申し込みの際に会社の将来性を明確に説明しないと準備資金の融資を受ける事も難しくなってきます。

準備資金の融資を受けられたとしても次には法務局での登録も企業登録を行わなければいけませんので、その為に必要な添付書類としてはまず身分証明書や事業計画書が必要になってきますので、それらの書類を作成しておかなくてはいけません。法務局では登録だけですので比較的手続きも簡単に終わりますので、添付書類を用意出来ればそれ程問題は有りません。

会社設立の際には資金調達と並び難しい作業が事務所や店舗探しですが基本的には事業を行う訳ですから、住居専用の物件では審査は通りませんので店舗用や住居兼事務所型の物件を探さなくてはいけませんので、その為には法務局で登録した証明書と身分証明書と住民票が必要になってきます。

会社設立の手続きはこれだけで終わりではなく、もし株式会社設立の場合は株主を募集する為のパンフレットや募集広告を作成しないといけません。その為には多くの資金が必要になってきますし、株式会社で無い場合も多くの場合は仕事を獲得する為には広告費なども必要になってきますので多くの資金が必要になってきます。

これらの開業資金を用意するにはやはり資金を調達する段階で銀行などの金融機関での申し込みで説得力のある事業計画書が作成できるかがポイントとなり、その事業計画書に基づいて適切な説明が出来るかが大きなポイントになってきます。会社設立の時には数多くの添付書類が必要になってきますが、その中でも最も重要な添付書類は企業の展望を示す事業計画書と資金調達力を示す資産報告書が重要になってきます。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.