メインイメージ

会社設立に年齢制限

会社設立に年齢制限はあるのか

株式会社や有限会社の設立は、独立を志しているサラリーマンや学生など様々な年齢層の人が実行する可能性があります。学生であっても、リーダーシップを発揮して在学中に起業する場合もあります。会社設立には年齢制限は設けられていません。しかし、未成年であれば親権者の同意が必要です。この場合は親権者双方の同意が必要になります。そして、この場合は成人してから起業する場合とは違い、相応の添付書類が必要になります。

15歳以上で起業する場合は、本人の印鑑登録証明書が必要になります。この書類は必ず必要であり、15歳以上でなければ発行出来ません。親権者双方の印鑑登録証明書も必要になります。そして、戸籍謄本の提出も求められます。15歳未満であっても、本人の印鑑登録証明書以外の添付書類を提出すれば会社設立はできます。しかし、この場合は取締役には就任出来ません。

取締役の就任には本人の印鑑登録証明書が必要であるので、15歳未満では取締役には就任出来ません。必ずしも起業した人物と取締役が同一人物でなければならないことはありません。取締役会を設置する場合は、証明書などの提出は代表取締役のみとなっています。つまり、15歳未満の人物が取締役に就任したとしても、法務局はそれを知る術を持っていないので、法務局に知られることなく取締役に就任できます。

しかし、取締役としては一定の能力が求められます。信用性も含めて社会経験が乏しいので、15歳未満の人物が取締役に就任することは一般的にはまずありません。会社設立は簡単に出来ますが、代表者として就任することは難しいです。未成年でも18歳以上であれば会社設立時の資本金の問題などを自分で解決することも出来ますが、15歳未満ではお金に関することで様々な問題が生じます。

会社設立の際には様々な書類を作成しなければなりません。その際に発生する金額や会社設立後の経営にも問題が生じます。もし、赤字経営であっても税金は支払わなければなりません。その資金は予め貯蓄して用意することになるので、もし15歳未満で会社設立をするのであれば、一定の資金が必要になります。未成年でも18歳以上であれば、会社設立による資金不足は借金でまかなえます。

15歳未満であれば親を頼って資金援助をしてもらわなければ経営は厳しいです。会社設立に年齢制限は定められていませんが、あまりにも若い場合は現実的に経営していくことは難しいです。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.