メインイメージ

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

役員報酬の変更について

2014-11-14

会社設立後の役員報酬の変更について

会社設立をしてすぐに決めなければいけないことは沢山ありますが、経営者を含む役員報酬というものは早急に決定する必要があるとされている項目の一つです。

この役員報酬というのは会社設立することによって法人の経費として計上することが出来るのですが、事業年度を通じて同じ金額を支払い続けることが必要であるとされているのです。そのためいつでも自由に変更できるものではなく、会社設立後すぐに決定しておかなければ経費としては認められなくなります。

役員報酬というのはいくらを設定して良いのですが、一度決めたら同じ額を1年間受け取ることが義務付けられます。仮に業績が上がったとしても増やすことはできませんし、多少業績が悪いからと言って減らすこともできません。一定の金額を支払い続けることが役員報酬に定められたルールであるということが出来ます。この役員報酬を変更できるタイミングというのは決算後3カ月以内とされています。一般的には株式会社の場合は株主総会などの席で報酬が決定されますが、合同会社の場合にはその限りではありません。

会社設立をする目的には色々なものがりますが、税制上のメリットを受けるということも目的の一つになっているのが一般的です。法人には法人の税制度があり、支払う税金が最小になり、受け取り残すことができる資金を最大にできるように調整をするのが一般的な対応であると言えるでしょう。

支払わなくともよい税金を支払わずに設備投資するためにリースという仕組みが存在しているのはよく知られています。所有権がリース会社にある場合には固定資産税の支払い義務はありませんし、リース料は経費とすることが出来ます。一方購入してしまうとそれは財産としてみなされ課税対象になるのです。
また、会社設立をして事業が軌道に乗ると、より多くのスタッフの雇用を行い大きな事業を行っていくことができるようになります。その様なケースにおいては事業収益が大きく向上することもあり得ることでしょう。そのような場合には報酬額を増やしたいものですが、仮に役員の報酬を臨時で増やした場合には経費として認められることはありません。一方で従業員に対してボーナスという形で一時金として支給する場合に限っては経費として認められることになっています。この様に会社に関する法律というものは様々な仕組みが既に定められていますので、物事を決定するに当たっては専門家の意見をよく聞いて判断する必要があります。

会社の経費になり得るか

2014-11-14

会社設立にかかった費用は会社の経費になり得るか

近年、会社設立という単語を聞くとベンチャー企業のような将来的に期待できる事業内容といったイメージがありますが、その設立には今では資本金1円からできるので、インターネット産業が社会に認められている現代では、簡単にとは言わないまでもその設立に関する事務的な手続きや、そして費用などはそこまで複雑化しておらず、それよりインターネットでもそうした設立前までの流れを指導そして簡素化してくれるようなサイトまで存在しています。それらを使用すれば、一人でも1円から会社設立が可能で、肩書きも社長として誕生する事ができます。では、そうした会社設立には、資本金1円とも言えども、その準備段階で様々なお金の支出が発生します。その内容は、まずは先に述べた資本金です。現在では、1円からでも可能です。

この資本金はその額で消費税等の税金区分に該当してきますので、その事業の大きさや保障内容に基づいて決めるべき事柄です。次に法定費用です。

これは、登録免許税やそれにかかる手数料なのですが、電子定款と紙の定款があり、その金額は電子定款の方が4万円も安いのでそうした事を考えるとその電子定款で進めていくことが削減に繋がります。そしてその他、電子定款の作成、会社の実印作成、各種証明書等などが会社設立前の費用として必要となってきます。また、その設立に当たって、もし使用人を雇ったのであれば、それもちゃんと給料を払うべきでこの給料も支出が必要となります。

その他に、そうした登記に伴い行政書士や司法書士にお願いしたのであれば、その報酬なども必要になってきます。このように、こうしたものは会社のために支出したお金として解釈され、その会社を興したいと考えた時点でそれらに対する一連の流れの中で支出したものは、設立前でも会社の経費と認められます。この会社設立前の経費を創立費と呼びます。また、その会社設立から、実際にその会社自体を営業するまでの間にも様々な費用が必要となってきます。それはその営業をするまでに行わなくてはならない準備に関しての支出したお金であり、そのお客様に対する宣伝費や広告費、もし従業員として雇うのであればその従業員に対する研修費、そしてそれらを開始する為に必要な調査などの調査費といったものが含まれてきます。そうした、会社設立後から営業開始準備段階までにかかった費用全てを開業費といいます。このように創立費と開業費は営業する前のものですが、どうしても必要なものとなってきますが、できるだけ様々な情報を基に進めていく事が良いでしょう。

司法書士について

2014-11-14

会社設立手続きの費用と司法書士について

会社を作るということを会社設立、または法人登記と言います。これは必要書類を揃えて所轄の法務局に提出し、そこで登記を受けることによって会社設立を行ったと認められるようになります。この様にして会社を作ろうとする人は毎年大勢の数に上ります。そのうち一定の数は夢半ばにして廃業となっていきますが、そのうちの一部は次世代を担う重要な産業を担う会社に成長していくことになるでしょう。

この様な会社設立の手続きというものは自力で行うことも可能です。しかし非常に多くの時間を必要としますし、素人では失敗を犯してしまうことも老いでしょう。そのため慎重に事を進めるのであれば司法書士などその道の専門家の助言を得ながら手続きを進めて行くことが推奨されます。会社手続きに必要な費用というのは法人登記関係で必要なだけでも株式会社の場合には30万円程度になることが多いです。

しかし行政書士等が専門に代行申請を行ってくれる場合には定款の電子化など個人ではなかなかできない手続きを行うことにより手数料を安く抑えることが出来ます。そのため結果として自分で行うケースよりもわずかに高い程度でプロのサービスを受けることができるのです。そのため会社設立の場合には一人で頑張るのではなく専門家を頼る方が絶対に良いと言えるでしょう。

勿論そのまま代行してしまうことも推奨されます。自分の会社なので自分で行いたいという気持ちが働くのも理解できますが、会社にとって最も大事なものは会社開設の手続きではなく事業計画なのです。その計画をより良いものにするために時間を割くべきであり、会社設立の様に費用をかければ解決できる問題に関してはプロに任せてしまうのが正解なのです。優秀な経営者というのは何でも出来る人のことを言うのではなく、誰に頼めば出来るかを知っており、何を自分でしなければならないかを理解している人であるという様に言われることがありますが、このケースは正にその典型であると言えるでしょう。

司法初期など専門家に会社設立手続きを委託するメリットには前述したとおり間違いのない仕事を安く行うことができるということがありますが、それ以上に豊富な経験からこうした方が良いというアドバイスを受けることができる点にあります。定款を作り直すというのは手間も費用もかかることですので、将来的な派生しうる無駄を少なくするために専門家は知恵を絞るのです。そのため、よいものが安く出来上がります。

会社設立に年齢制限

2014-11-14

会社設立に年齢制限はあるのか

株式会社や有限会社の設立は、独立を志しているサラリーマンや学生など様々な年齢層の人が実行する可能性があります。学生であっても、リーダーシップを発揮して在学中に起業する場合もあります。会社設立には年齢制限は設けられていません。しかし、未成年であれば親権者の同意が必要です。この場合は親権者双方の同意が必要になります。そして、この場合は成人してから起業する場合とは違い、相応の添付書類が必要になります。

15歳以上で起業する場合は、本人の印鑑登録証明書が必要になります。この書類は必ず必要であり、15歳以上でなければ発行出来ません。親権者双方の印鑑登録証明書も必要になります。そして、戸籍謄本の提出も求められます。15歳未満であっても、本人の印鑑登録証明書以外の添付書類を提出すれば会社設立はできます。しかし、この場合は取締役には就任出来ません。

取締役の就任には本人の印鑑登録証明書が必要であるので、15歳未満では取締役には就任出来ません。必ずしも起業した人物と取締役が同一人物でなければならないことはありません。取締役会を設置する場合は、証明書などの提出は代表取締役のみとなっています。つまり、15歳未満の人物が取締役に就任したとしても、法務局はそれを知る術を持っていないので、法務局に知られることなく取締役に就任できます。

しかし、取締役としては一定の能力が求められます。信用性も含めて社会経験が乏しいので、15歳未満の人物が取締役に就任することは一般的にはまずありません。会社設立は簡単に出来ますが、代表者として就任することは難しいです。未成年でも18歳以上であれば会社設立時の資本金の問題などを自分で解決することも出来ますが、15歳未満ではお金に関することで様々な問題が生じます。

会社設立の際には様々な書類を作成しなければなりません。その際に発生する金額や会社設立後の経営にも問題が生じます。もし、赤字経営であっても税金は支払わなければなりません。その資金は予め貯蓄して用意することになるので、もし15歳未満で会社設立をするのであれば、一定の資金が必要になります。未成年でも18歳以上であれば、会社設立による資金不足は借金でまかなえます。

15歳未満であれば親を頼って資金援助をしてもらわなければ経営は厳しいです。会社設立に年齢制限は定められていませんが、あまりにも若い場合は現実的に経営していくことは難しいです。

取締役の人数

2014-11-14

会社設立における取締役の人数の緩和について

会社設立は会社法が改正されたことで会社が作り易くなったと言いますが、会社設立を行う事で色々なメリットが活かされることからも、従来同様に会社を作ると言うケースが多いのです。
しかし、この会社法が改正され、新会社法が施行されたことで作り易さとメリットの2つを受ける事が出来るのです。

会社法が改正されたことによる作り易さにおけるメリットは、最低資本金額が株式会社の場合であれば1千万円から1円と言う金額になったことは有名な話です。
また、取締役の人数も従来は3名以上と言った制約が有りましたが、新会社法が施行されたことで、人数は1名以上で良いと言う事からも、1人で会社設立を行う事も出来るようになったのです。

更に、従来であれば取締役会の設置義務と言うものが有りましたが、法律が改正されたことでこの義務が無くなったことも会社設立におけるメリットの一つでもあるのです。

これ以外にも、取引先、仕入れ先などからの信頼を得る事が出来ると言うメリットが有りますし、金融機関に対しても会社組織で有ることからも資金調達がし易いと言うメリットも有ります。
会社の中には、会社組織でなければ取引をしないと言う企業も有ると言われており、個人事業を手掛けていた時には相手にされなくても、会社組織としたことで取引が出来るようになることもあるのです。

また、個人事業における収入と言うのは所得と言う形になります。
この所得は多くなることで所得税と言う形で税金を納めて行く必要があるわけですが、会社設立をすることで法人税と言う形で税金を納めるようになります。
これは節税におけるメリットでもあり、所得が多い個人事業を手掛けている場合などでは年間に納める税金を少なく出来るなどのメリットが活かされるのです。

因みに、取締役と言うのは会社の代表者でもあるわけですが、これは株主総会の中で専任されることになるのが特徴です。
但し、会社設立時というのは、発起設立と募集設立により専任の仕方が異なるのが特徴です。
発起設立は発起人が出資を行う事で会社を作り出すものであり、発起人会の中で専任が行われます。
これに対し、募集設立は創立総会を行い設立時の取締役を選任すると言う違いがあるのです。

尚、これらは複数の人が集まって会社組織を作り出す場合の話であり、一人で会社設立を行う場合はその限りではなく、個人事業を手掛けるなど、会社を作ろうとした人が取締役と言う形に収まるのが一般的なのです。

登記申請書の記入

2014-11-14

会社設立を行う時の登記申請書の記入について

株式会社設立は最低資本金額が1円からでも可能になったこと、会社設立を行う時に必要であった類似商号調査が不要になったこと、役員の数は3名から1名以上に緩和されたこと、資本金の払込み証明書は通帳の記帳で良くなったこと、定款の中で定めておくことで柔軟な形で効力を持たせることが出来るなどの事からも、会社設立は従来と比較すると楽に出来るようになっているのが特徴なのです。

会社設立は、会社の基本事項を定める事から始めることになります。
会社の基本事項は、会社の商号を決めたり事業目的を定めることで、これらの基本事項を決めた後は、定款と呼ばれる書類を作成する事になります。

定款は会社の憲法でもあり重要度が高い書類です。
定款の中で定めたことは、会社設立後の会社経営において大きな影響を及ぼす事からもきちんと定めて行く必要があります。
また、この定めが会社法に違反をしていないかどうかなどを確認する意味において、公証人役場での定款認証を受けることが義務付けられており、公証人が定款の中身を全て確認をし、法律上問題が無い、不備が無い等確認が取れることで認証を得ることが出来るのです。

定款の認証を得た後は、資本金の払い込みを行ってから通帳を記帳し、必要なページのコピーをとります。
この通帳のコピーは払込証明書として登記申請を行う際に提出をするものです。

登記と言うのは、会社の権利を確定させるものであり、会社の登記を済ませることで世間から会社としての認知が行われたり、信頼性を高めることが出来るのです。
会社の登記を行う場合には、登記申請書、会社を登記する時に課税される登録免許税の納税を行った事を証明する収入印紙を貼りつけた書類、定款、資本金の払込み証明書類、登記する事項を記録しているCD-R、取締役の就任承諾書や代表取締役や監査役などの就任承諾書、会社設立における発起人の決定書、会社設立における取締役全員の印鑑証明書、会社の実印の届出書などの種類を合わせて法務局の登記所に提出をし、会社を登記する事になるのです。

尚、登記申請書には以下のような事を記載する事になります。
資本金の払込み書の作成日、払込を行った資本金の額、法務局で登記申請を行う日付、登記申請を行う法務局の名称や出張所もしくは支店名、会社の本店住所、商号、代表取締役の氏名および連絡先、そして会社の実印を捺印するなどになります。

因みに登記申請書の書類の中には登記申請書と一緒に提出をしなければならない書類のリストや書類の枚数なども掲載されています。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.