メインイメージ

役員報酬の変更について

会社設立後の役員報酬の変更について

会社設立をしてすぐに決めなければいけないことは沢山ありますが、経営者を含む役員報酬というものは早急に決定する必要があるとされている項目の一つです。

この役員報酬というのは会社設立することによって法人の経費として計上することが出来るのですが、事業年度を通じて同じ金額を支払い続けることが必要であるとされているのです。そのためいつでも自由に変更できるものではなく、会社設立後すぐに決定しておかなければ経費としては認められなくなります。

役員報酬というのはいくらを設定して良いのですが、一度決めたら同じ額を1年間受け取ることが義務付けられます。仮に業績が上がったとしても増やすことはできませんし、多少業績が悪いからと言って減らすこともできません。一定の金額を支払い続けることが役員報酬に定められたルールであるということが出来ます。この役員報酬を変更できるタイミングというのは決算後3カ月以内とされています。一般的には株式会社の場合は株主総会などの席で報酬が決定されますが、合同会社の場合にはその限りではありません。

会社設立をする目的には色々なものがりますが、税制上のメリットを受けるということも目的の一つになっているのが一般的です。法人には法人の税制度があり、支払う税金が最小になり、受け取り残すことができる資金を最大にできるように調整をするのが一般的な対応であると言えるでしょう。

支払わなくともよい税金を支払わずに設備投資するためにリースという仕組みが存在しているのはよく知られています。所有権がリース会社にある場合には固定資産税の支払い義務はありませんし、リース料は経費とすることが出来ます。一方購入してしまうとそれは財産としてみなされ課税対象になるのです。
また、会社設立をして事業が軌道に乗ると、より多くのスタッフの雇用を行い大きな事業を行っていくことができるようになります。その様なケースにおいては事業収益が大きく向上することもあり得ることでしょう。そのような場合には報酬額を増やしたいものですが、仮に役員の報酬を臨時で増やした場合には経費として認められることはありません。一方で従業員に対してボーナスという形で一時金として支給する場合に限っては経費として認められることになっています。この様に会社に関する法律というものは様々な仕組みが既に定められていますので、物事を決定するに当たっては専門家の意見をよく聞いて判断する必要があります。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.