メインイメージ

会社の経費になり得るか

会社設立にかかった費用は会社の経費になり得るか

近年、会社設立という単語を聞くとベンチャー企業のような将来的に期待できる事業内容といったイメージがありますが、その設立には今では資本金1円からできるので、インターネット産業が社会に認められている現代では、簡単にとは言わないまでもその設立に関する事務的な手続きや、そして費用などはそこまで複雑化しておらず、それよりインターネットでもそうした設立前までの流れを指導そして簡素化してくれるようなサイトまで存在しています。それらを使用すれば、一人でも1円から会社設立が可能で、肩書きも社長として誕生する事ができます。では、そうした会社設立には、資本金1円とも言えども、その準備段階で様々なお金の支出が発生します。その内容は、まずは先に述べた資本金です。現在では、1円からでも可能です。

この資本金はその額で消費税等の税金区分に該当してきますので、その事業の大きさや保障内容に基づいて決めるべき事柄です。次に法定費用です。

これは、登録免許税やそれにかかる手数料なのですが、電子定款と紙の定款があり、その金額は電子定款の方が4万円も安いのでそうした事を考えるとその電子定款で進めていくことが削減に繋がります。そしてその他、電子定款の作成、会社の実印作成、各種証明書等などが会社設立前の費用として必要となってきます。また、その設立に当たって、もし使用人を雇ったのであれば、それもちゃんと給料を払うべきでこの給料も支出が必要となります。

その他に、そうした登記に伴い行政書士や司法書士にお願いしたのであれば、その報酬なども必要になってきます。このように、こうしたものは会社のために支出したお金として解釈され、その会社を興したいと考えた時点でそれらに対する一連の流れの中で支出したものは、設立前でも会社の経費と認められます。この会社設立前の経費を創立費と呼びます。また、その会社設立から、実際にその会社自体を営業するまでの間にも様々な費用が必要となってきます。それはその営業をするまでに行わなくてはならない準備に関しての支出したお金であり、そのお客様に対する宣伝費や広告費、もし従業員として雇うのであればその従業員に対する研修費、そしてそれらを開始する為に必要な調査などの調査費といったものが含まれてきます。そうした、会社設立後から営業開始準備段階までにかかった費用全てを開業費といいます。このように創立費と開業費は営業する前のものですが、どうしても必要なものとなってきますが、できるだけ様々な情報を基に進めていく事が良いでしょう。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.