メインイメージ

取締役の人数

会社設立における取締役の人数の緩和について

会社設立は会社法が改正されたことで会社が作り易くなったと言いますが、会社設立を行う事で色々なメリットが活かされることからも、従来同様に会社を作ると言うケースが多いのです。
しかし、この会社法が改正され、新会社法が施行されたことで作り易さとメリットの2つを受ける事が出来るのです。

会社法が改正されたことによる作り易さにおけるメリットは、最低資本金額が株式会社の場合であれば1千万円から1円と言う金額になったことは有名な話です。
また、取締役の人数も従来は3名以上と言った制約が有りましたが、新会社法が施行されたことで、人数は1名以上で良いと言う事からも、1人で会社設立を行う事も出来るようになったのです。

更に、従来であれば取締役会の設置義務と言うものが有りましたが、法律が改正されたことでこの義務が無くなったことも会社設立におけるメリットの一つでもあるのです。

これ以外にも、取引先、仕入れ先などからの信頼を得る事が出来ると言うメリットが有りますし、金融機関に対しても会社組織で有ることからも資金調達がし易いと言うメリットも有ります。
会社の中には、会社組織でなければ取引をしないと言う企業も有ると言われており、個人事業を手掛けていた時には相手にされなくても、会社組織としたことで取引が出来るようになることもあるのです。

また、個人事業における収入と言うのは所得と言う形になります。
この所得は多くなることで所得税と言う形で税金を納めて行く必要があるわけですが、会社設立をすることで法人税と言う形で税金を納めるようになります。
これは節税におけるメリットでもあり、所得が多い個人事業を手掛けている場合などでは年間に納める税金を少なく出来るなどのメリットが活かされるのです。

因みに、取締役と言うのは会社の代表者でもあるわけですが、これは株主総会の中で専任されることになるのが特徴です。
但し、会社設立時というのは、発起設立と募集設立により専任の仕方が異なるのが特徴です。
発起設立は発起人が出資を行う事で会社を作り出すものであり、発起人会の中で専任が行われます。
これに対し、募集設立は創立総会を行い設立時の取締役を選任すると言う違いがあるのです。

尚、これらは複数の人が集まって会社組織を作り出す場合の話であり、一人で会社設立を行う場合はその限りではなく、個人事業を手掛けるなど、会社を作ろうとした人が取締役と言う形に収まるのが一般的なのです。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.