メインイメージ

スケジュールの管理は大切

会社設立とその手続き、スケジュールの管理は大切です。

会社設立には届け出ないといけない役所がたくさんあるのと同時に、その手続きも煩雑です。スケジュール管理も重要であり、特に期限が決められていたりするので、できれば専門家に相談、依頼することも考えたほうがいいでしょう。

まずは会社設立をする際には、その会社で何をするのかのビジョンをはっきりさせることが重要です。もし、まだ何をするのかがはっきりしない場合には、作成する定款などでも表現を少し柔らかめにして広くとれるような表現にした方がいい場合なども考えられます。

会社設立には順序があり、同時進行では準備をしておくことはもちろんかまいませんが、同時期に処理ができないものがあるため、手続きの流れをしっかりと把握することが大切となってきます。定款作成からその認証、法務局の登記などの一連の流れを始め、会社設立時つまり法務局での登記日から期間が決まっているような申請関係は、登記が完了してから申請の準備をしていては間に合わないことも多く、たとえば登記申請を行っている最中にも、登記完了後の補助金の申請などの準備は怠らないようにしておくことが重要です。

また、最近では新規で会社設立を行う場合には、介護関係や障害者福祉関係などの特定の事業所の立ち上げがメインになってきていますが、これらの福祉の事業には立ち上げにより事業がすぐに開始できないものもあるほか、定款や法人登記に記載されるべき文言などがあるものもあり、あらかじめ申請許可を行う行政機関に対して相談を行う必要がある場合もあり、行政書士や社会保険労務士などの会社設立における専門家に依頼、相談するなどの対策も重要です。無論、個人でも対応は可能ですが、一つのことに失敗するとその後の軌道修正が難しくなったりあるいはそもそも申請が不許可となるケースもありますので、専門家への依頼は費用も掛かりますが、できるだけ相談をするなどの対応を考えることも考慮するべきでしょう。

そもそも会社にはいくつか種類がありますが、かつての有限会社は新設は認められていません。主に株式会社や合同会社が認められるものとなっていますが、それぞれ特徴があることも把握しておく必要がありますので、会社設立に向かって準備は万端にするためにも、事前の勉強は欠かせません。会社設立で何をしたいのかあるいは何をするべきなのかをしっかりと考えていく中で、どのタイミングで何の処理をしないといけないかを把握する能力は必須となってきます。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.