メインイメージ

司法書士について

会社設立手続きの費用と司法書士について

会社を作るということを会社設立、または法人登記と言います。これは必要書類を揃えて所轄の法務局に提出し、そこで登記を受けることによって会社設立を行ったと認められるようになります。この様にして会社を作ろうとする人は毎年大勢の数に上ります。そのうち一定の数は夢半ばにして廃業となっていきますが、そのうちの一部は次世代を担う重要な産業を担う会社に成長していくことになるでしょう。

この様な会社設立の手続きというものは自力で行うことも可能です。しかし非常に多くの時間を必要としますし、素人では失敗を犯してしまうことも老いでしょう。そのため慎重に事を進めるのであれば司法書士などその道の専門家の助言を得ながら手続きを進めて行くことが推奨されます。会社手続きに必要な費用というのは法人登記関係で必要なだけでも株式会社の場合には30万円程度になることが多いです。

しかし行政書士等が専門に代行申請を行ってくれる場合には定款の電子化など個人ではなかなかできない手続きを行うことにより手数料を安く抑えることが出来ます。そのため結果として自分で行うケースよりもわずかに高い程度でプロのサービスを受けることができるのです。そのため会社設立の場合には一人で頑張るのではなく専門家を頼る方が絶対に良いと言えるでしょう。

勿論そのまま代行してしまうことも推奨されます。自分の会社なので自分で行いたいという気持ちが働くのも理解できますが、会社にとって最も大事なものは会社開設の手続きではなく事業計画なのです。その計画をより良いものにするために時間を割くべきであり、会社設立の様に費用をかければ解決できる問題に関してはプロに任せてしまうのが正解なのです。優秀な経営者というのは何でも出来る人のことを言うのではなく、誰に頼めば出来るかを知っており、何を自分でしなければならないかを理解している人であるという様に言われることがありますが、このケースは正にその典型であると言えるでしょう。

司法初期など専門家に会社設立手続きを委託するメリットには前述したとおり間違いのない仕事を安く行うことができるということがありますが、それ以上に豊富な経験からこうした方が良いというアドバイスを受けることができる点にあります。定款を作り直すというのは手間も費用もかかることですので、将来的な派生しうる無駄を少なくするために専門家は知恵を絞るのです。そのため、よいものが安く出来上がります。

Copyright© 2014 会社設立の諸要項をおさえてしっかりとした基盤の元の会社設立 All Rights Reserved.